在宅医療や検査を駆使して、悩ましい甲状腺のトラブルなどと向き合う

知識と技術がある医療機関を利用しよう

治療と費用

脂漏性角化症とはどのようなものか

脂漏性角化症は皮膚に起こる良性腫瘍の一種です。加齢によって発生する皮膚の老化現象であり、別名年寄いぼともいわれます。全身どこにでもできますが、特に顔に多くできます。これは日光に最も当たるためです。初めは1ミリ程度の小さな盛り上がりですが、放置すると徐々に大きくなっていき、数も増えていきます。色は通常の皮膚の色から褐色、黒色まで幅があります。またシミのように扁平な場合もありますし、盛り上がってしこりのようになるものもあります。脂漏性角化症は、早い場合では20代から発生することもあり、少しずつ大きくなりながら数も増えていくため、できやすい場合は小さいうちに早めに除去するなどの対策がすすめられます。

治療法と費用について

脂漏性角化症の治療法としては、1センチ以下程度の大きさのものは電気焼灼やレーザー治療、凍結療法などで簡単に除去することができますが、1センチを超える大きさとなると手術が必要となります。老人に多く発生する脂漏性角化症は良性腫瘍であるため、治療の対象外となる場合がありますが、炎症を起こしていたり、顔に大きく広がって見た目の問題がある場合などが治療の対象となります。また、皮膚がんの可能性が捨てきれない場合には、切除手術をして組織検査を行います。電気焼灼やレーザー治療、凍結療法を行うと組織検査ができないため注意が必要です。電気焼灼を行う場合は麻酔も含めて10分程度と短く、2週間程度で跡も治ります。レーザーで組織を削る場合は一週間ほどで皮膚が再生しますが、色素沈着を防ぐための薬が必要となります。凍結療法は麻酔を必要とせず、凍結させた組織はかさぶたとなって一週間程で自然にとれます。

  • 人によって違う症状

    更年期障害を患うようになると、ひとによって違う症状に悩まされるという問題が起こります。一般論より早い時期から発症することもあるため、早めに症状について知ることがとても大切です。

    詳しく読む

  • 高速で進化する制度

    在宅医療という考え方が最近ではかなり一般的になってきていて、そのために必要な制度の整備と進化が急速に進んでいます。高速で進化する制度について学んで取り入れることが、選択肢を増やします。

    詳しく読む