在宅医療や検査を駆使して、悩ましい甲状腺のトラブルなどと向き合う

知識と技術がある医療機関を利用しよう

簡単に治せる問題

脂漏性角化症は比較的簡単に治療が出来ます

加齢と共に皮膚には様々なトラブルが現れてきます。高齢者に多く見られる脂漏性角化症もそうした皮膚疾患の一つです。脂漏性角化症の現れ方は様々で、皮膚と同様の色から黒色のものまで幅広いバリエーションがあるのです。表面が盛り上がる形状の脂漏性角化症もあります。この脂漏性角化症は、皮膚科で比較的簡単に治療することが出来る病気です。小さいものであれば電気やレーザーなどを用いて患部を焼いてしまいます。外来で短時間に出来る治療が多く、体への負担も然程感じなくて済むのです。脂漏性角化症の中には、時間の経過と共に少しずつ大きくなっていくものもあります。こういった病変の場合には、早目に治療を行なうことで症状の悪化を防ぐことが出来るのです。

他の病気との判別が非常に重要となるのです

脂漏性角化症は良性の腫瘍ですが、時に皮膚がんとの判別が難しい場合もあるのです。そうした場合には、皮膚科で組織検査などを行い正確な診断を受けることが大切になります。脂漏性角化症と似たような症状を示す日光角化症には、特に注意が必要です。日光角化症の場合は、皮膚がんに移行する前の前がん状態と認識されているため、早目に治療を行なうことが求められます。一旦、電気やレーザーによる治療を受けてしまうと組織検査が出来なくなるため、初診の段階での正確な診断が非常に大切になるのです。こうしたことから、脂漏性角化症を疑われる症状で、初めて医療機関を受診する際には、皮膚科専門医のいる病院を選ぶことが必要になると言えるでしょう。