在宅医療や検査を駆使して、悩ましい甲状腺のトラブルなどと向き合う

知識と技術がある医療機関を利用しよう

高速で進化する制度

制度の充実が急加速している

高齢者の割合が高くなっている日本では、介護を必要とする高齢者の割合も急増しています。介護施設に入居しようにも、満床で受け入れてもらうことができない場合には自宅で介護を行わなければなりません。介護をする家族にとっては大きな負担になっており、仕事や日常生活にも影響が出ている人が大勢います。仕事を辞めて介護に専念する人も急増しており、労働人口減少が加速する中で深刻な問題となっています。このような現状を打開するために在宅医療の充実が急ピッチで進んでいます。寝たきりの介護者を病院に連れて行くことは大きな負担になりますが、医師が自宅に来て在宅医療を提供してくれるのであれば家族の負担を軽減させることができるようになります。

在宅医療の新たな取り組み

施設に入居をせずに、自宅で過ごしたいと考えている患者も大勢います。しかし、家族への負担を考えると言い出せずにいる人も数多く存在しています。医師と看護師、介護士、ソーシャルワーカーが連携をして在宅医療の拡充を行う取組が一部の地域で開始されています。この在宅医療の取り組みはまだ全国には普及していませんが、最期の時まで人間の意思を尊重することができる取り組みとして少しずつ広がりを見せています。内容を充実させるためには経験とノウハウが必要になるので、まだ時間はかかりそうですが介護者と家族にとって新しい希望の光となっています。在宅医療を充実させることができれば、住み慣れた自宅で心穏やかに生活をすることができるので患者にとっては最高の環境です。