在宅医療や検査を駆使して、悩ましい甲状腺のトラブルなどと向き合う

知識と技術がある医療機関を利用しよう

人によって違う症状

更年期症状は様々です

更年期障害は45〜55歳ぐらいと言われていますが、30代にもあります。 最近では男性の更年期障害もあり、男性専用の外来もあります。 症状も様々で、ほてり、めまい、吐き気、頭痛、発汗、疲労感、イライラ、耳鳴り、肩凝り、不眠、くよくよしたり、しびれ、頻尿などでこれらは、ホルモンのバランスが崩れる身体的、精神的不調の為です。こんな症状が出ると快適に過ごせません。 更年期障害の治療方法としては、ホルモン補充療法、薬物療法、心理療法などがあります。他の治療法としてサプリメンとや食事の改善、運動などで気分転換もあります。 症状が全くない人もいれば、重症な人もいて約8割の人が症状があり、不快と感じています。不快な症状で日常生活に支障が出ることを更年期障害と言います。

更年期障害の対策方法

更年期障害には沢山の症状が出ます。少しでも改善するには、対策が必要です。 婦人科を受診してホルモン補充療法、薬物療法、心理療法などもありますが、プラセンタなどのサプリメントや食事療法、運動して気分転換などもあります。 ほてりがある人もいれば、イライラがある人、ひどい人になるとうつ症状が出る人などで症状は様々ですが、症状によって治療方法も違ってくると思います。 先ずは、専門家で受診して薬の処方と自分でも意識的に解消するように心がけていきましょう。 不快な感じがあると日常生活が辛くなり、寝たきりになったりする可能性もあります。 不快な感じが少しでも減らせたり、無くなると日常生活も楽になります。 更年期対策で更年期を乗り切りましょう。